ホーム > プレスリリース 2011年一覧 > 12月13日

プレスリリース

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 12月 13日

2011年 今年テレビでよくみた顔は?

~ ニホンモニター 2011年タレント番組出演本数ランキング発表 ~

報道関係者各位

ニホンモニター株式会社

メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社(本社:東京都港区浜松町、代表取締役社長:韮澤美樹)は、2011年1月~11月のテレビ番組出演者データを基にした『2011タレント番組出演本数ランキング』をまとめました。

【 調査結果 】
2011テレビ番組出演本数ランキング
順位 出演番組数 タレント名 主な出演番組
1 499本 有吉弘行 バカなフリして聞いてみた(NTV)/有吉AKB共和国(TBS)/マツコ&有吉の怒り新党(EX)
2 496本 ビビる大木 土曜スタジオパーク(NHK)/PON!(NTV)/潜入!リアルスコープ(CX)
3 460本 テリー伊藤 スッキリ!!(NTV)/サンデー・ジャポン(TBS)/テリー伊藤のネホリハホリ(TX)
4 454本 加藤浩次 大人ドリル(NHK)/スッキリ!!(NTV)/がっちりマンデー!!(TBS)
5 424本 オードリー NFL倶楽部(NTV)/ヒルナンデス!(NTV)/笑っていいとも!(CX)
6 403本 ピース ハッピーMusic(NTV)/20マウス(TBS)/ピカルの定理(CX)
7 398本 大島さと子 FINE!(TX)/レディス4(TX)
8 395本 タカアンドトシ コレってアリですか?(NTV)/ほこ×たて~矛盾(CX)/お試しかっ!(EX)
9 376本 フルーツポンチ ヒルナンデス!(NTV)/20マウス(TBS)/ピラメキーノ(TX)
10 362本 土田晃之 秘密のケンミンSHOW(NTV)/そうだったのか!学べるニュース(EX)/週刊育児ニュース(TX)
362本 ベッキー 天才!志村どうぶつ園(NTV)/にじいろジーン(CX)/ありえへん∞世界(TX)
12 360本 はるな愛 スッキリ!!(NTV)/アッコにおまかせ!(TBS)/にじいろジーン(CX)
13 358本 楽しんご 美男(イケメン)ですね(TBS)/笑っていいとも!(CX)/いきなり!黄金伝説。(EX)
14 349本 はんにゃ もしもツアーズ(CX)/ホメられてノビるくんA(CX)/ピラメキーノ(TX)
15 346本 しずる 不可思議探偵団(NTV)/おはスタ(TX)/ピラメキーノ(TX)
16 341本 関根麻里 ZIP!(NTV)/誰だって波瀾爆笑(NTV)/スクール革命!(NTV)/潜入!リアルスコープ(CX)
17 340本 優木まおみ ヒルナンデス!(NTV)/がっちりアカデミー!!(TBS)/うまプロ(CX)/みんなのKEIBA(CX)
18 339本 劇団ひとり 劇団ひとりの新番組を考える会議(EX)/マニュアル劇団(EX)/ウレロ☆未確認少女(TX)
19 338本 薬丸裕英 はなまるマーケット(TBS)/ぴったんこカン・カン(TBS)/出没!アド街ック天国(TX)
20 336本 みのもんた 秘密のケンミンSHOW(NTV)/みのもんたの朝ズバッ!(TBS)
▼2011 男性タレント部門ランキング
順位 出演番組数 タレント名
1 499本 有吉弘行
2 496本 ビビる大木
3 460本 テリー伊藤
4 454本 加藤浩次
5 424本 オードリー
6 403本 ピース
7 395本 タカアンドトシ
8 376本 フルーツポンチ
9 362本 土田晃之
10 358本 楽しんご
▼2011 女性タレント部門ランキング
順位 出演番組数 タレント名
1 398本 大島さと子
2 362本 ベッキー
3 360本 はるな愛
4 341本 関根麻里
5 340本 優木まおみ
6 297本 黒柳徹子
7 295本 SHELLY
8 279本 柳原可奈子
9 275本 いとうあさこ
10 271本 松本伊代
【 お笑いタレントの牙城揺るがず 】

2011年の出演本数ランキングでは、前年に引き続きお笑いタレントの名前が上位に並び、お笑いタレント優位の状況は変わらなかった。中でも、一時期の人気低迷から脱却し再ブレイクを果たした有吉弘行さんがランキングトップとなり、完全復活を印象づける結果となった。レギュラー出演するバラエティ番組を中心に、準レギュラー番組を含む数多くのバラエティ番組にも起用され出演本数を重ねた。2位は僅差で上半期トップのビビる大木さんがランクインし、上半期の勢いそのままに幅広いジャンルの番組に出演した。トップ2人の出演本数は突出しており、両者とも前年より出演本数を増やし、存在感を十分に示した。 男性タレント部門では、6位にピースさんが初登場。現在、ゴールデンタイムや深夜帯のバラエティ番組を中心にレギュラー出演しており、来年への躍進が期待できる。 女性タレント部門では、1位の大島さと子さん、2位のベッキーさん、3位のはるな愛さんのトップ3が昨年と同じ順位となり、3名ともレギュラー番組を持っていることが強みとなった。4位の関根麻里さんは、朝の情報番組で司会を務める他、バラエティ番組でのレギュラー出演などで上位ランキングに浮上してきた。

▼2011 ブレイクタレント部門ランキング
2011年出演番組数 2010年出演番組数 タレント名 主な出演番組
403本 (171本) ピース ハッピーMusic(NTV)/20マウス(TBS)/ピカルの定理(CX)
358本 (132本) 楽しんご 美男(イケメン)ですね(TBS)/笑っていいとも!(CX)
295本 (128本) SHELLY A-Studio(TBS)/ザ・ベストハウス123(CX)
200本 (38本) ローラ ホンマでっか!?TV(CX)/サンデー・ジャポン(TBS)
143本 (38本) 芦田愛菜 メレンゲの気持ち(NTV)/マルモのおきて(CX)
118本 (36本) 藤森慎吾 人生が変わる1分間の深イイ話(NTV)/お願い!ランキング(EX)
97本 (31本) 鈴木福 妖怪人間ベム(NTV)/マルモのおきて(CX)
60本 (33本) 武井咲 大切なことはすべて君が教えてくれた(CX)/アスコーマーチ(EX)
【各ジャンルで注目タレント多数】

お笑い系から女優まで、さまざまなジャンルのタレントが注目を浴びた一年だった。お笑い系では藤森慎吾さんが“チャラ男”のキャラクターで再ブレイクした。モデル出身のSHELLYさんは、以前から音楽番組や情報番組の司会として出演していたが、今年はスター☆ドラフト会議(NTV)やA-Studio(TBS)などの出演で大活躍の一年となった。同じくモデルのローラさんは“舌出し”“タメ口”のキャラクターで情報バラエティ系の出演で人気が出た。国民的なアイドル子役となった愛菜ちゃん、福くんの二人はドラマや歌、CMに大活躍だった。女優の武井咲さんは、ドラマ、CMと今年一番注目された女優であり、来年の更なる飛躍が期待できる。ピースさんと楽しんごさんは、昨年末の勢いをそのままに、2011年に大ブレイクした。

【 調査概要 】
  • ▼ 調査項目:タレント番組出演本数 (出演番組の放送回数分をカウント)
  • ▼ 調査期間:2011年1月1日~2011年11月30日
  • ▼ 対象局:NHK総合/日本テレビ/TBS/フジテレビ/テレビ朝日/テレビ東京 (東京地区地上波オンエア分)
  • ※グループ出演と個人出演は別カウントとする
  • ※アナウンサー、ジャーナリストは対象外とする
  • ※通販番組出演者は対象外とする(ニュース番組内でのコーナーとしての通販出演者は含む)
  • ※再放送番組は対象外とする
  • ※ナレーション出演は対象外とする

≪ この件に関するお問合せ先 ≫

  • ニホンモニター株式会社 調査課 長塚/花村/山本
  • 〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル2F
  • TEL: 03‐3578‐6800 (代)
  • FAX : 03‐3578‐6822
  • E-mail : mkt2@n-monitor.co.jp
  • URL : http://www.n-monitor.co.jp/

一覧ヘもどる

▲ページトップへ