ホーム > プレスリリース 2014年一覧 > 07月15日

プレスリリース

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年 7月 15日

バナナマン・設楽が3連覇へ好発進!猛追する国分太一!

〜 ニホンモニター 2014上半期タレント番組出演本数ランキング発表 〜

報道関係者各位

ニホンモニター株式会社

メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社(本社:東京都港区浜松町、代表取締役社長:韮澤美樹)は、2014年1月〜6月のテレビ番組出演者データを基にした『2014上半期タレント番組出演本数ランキング』をまとめました。

【 調査結果 】
【 お笑いタレントのブーム続くなか、新しい風が吹き始める! 】

2014年上半期の番組出演本数ランキングは、お笑いタレントが上位を占めた。これは近年続いている傾向だが、今回は新しい風が男女とも吹き始めている。トップは、2012年、2013年と2年連続で年間王者に輝いているバナナマンの設楽統さん。3連覇に向け好スタートを切った。本業のバラエティ番組に加え、司会を務める朝の情報番組を帯で持っていることが、大きな要因となっている。僅差で追うのは、昨年10位から一気に2位へ躍り出た国分太一さん。こちらも、4月から朝の顔として、情報番組の司会を始めたことが増加につながった。また、ソチ五輪やスポーツ番組などで「スポーツキャスター」としても活躍している。3位は、毎年上位にランクインする有吉弘行さん。冠番組が多いのが特徴で、帯番組を持っていないにも関わらず出演番組が多い。テレビ界での人気の高さがうかがえる。

▼ 2014上半期テレビ番組出演本数ランキング
(※1「単」は単独の出演本数。※2「G」はグループでの出演本数。)
順位 タレント名(グループ名)
所属事務所
出演番組数 単*1 G*2 主な出演番組
1 設楽統(バナナマン)
ホリプロコム
349番組 173 176 ノンストップ!(CX)/奇跡体験!アンビリバボー(CX)/世界にひとつ ミラクルレシピ!(EX)
2 国分太一(TOKIO)
ジャニーズ事務所
332番組 299 33 いっぷく!(TBS)/LIVE2013ニュース&すぽると!(CX)/国分太一のおさんぽジャパン(CX)
3 有吉弘行
太田プロダクション
281番組 281 0 マツコ&有吉の怒り新党(EX)/有吉反省会(NTV)/有吉ジャポン(TBS)
4 加藤浩次
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
273番組 273 0 スッキリ!!(NTV)/がっちりマンデー!!(TBS)心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU(NTV)
5 春日俊彰(オードリー)
ケイダッシュステージ
242番組 69 173 スクール革命!(NTV)/学生HEROES!(EX)/炎の体育会TV(TBS)
6 若林正恭(オードリー)
ケイダッシュステージ
241番組 68 173 スクール革命!(NTV)/日曜×芸人(EX)/未来ロケット(CX)
6 テリー伊藤
ロコモーション
241番組 241 0 スッキリ!!(NTV)/サンデー・ジャポン(TBS)/爆報!THE フライデー(TBS)
8 ビビる大木
ワタナベエンターテインメント
229番組 229 0 PON!(NTV)/超潜入!リアルスコープハイパー(CX)/土曜スタジオパーク(NHK)
9 羽鳥慎一
テイクオフ
227番組 227 0 モーニングバード!(EX)/人生が変わる1分間の深イイ話(NTV)/未来シアター(NTV)
10 後藤輝基(フットボールアワー)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
225番組 134 91 あのニュースで得する人損する人(NTV)/HKT48のおでかけ!(TBS)ジャネーノ!?(CX)
10 斉藤慎二(ジャングルポケット)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
225番組 95 130 ウイニング競馬(TX)/うまズキッ!(CX)/一夜づけ(TX)
12 タカ(タカアンドトシ)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
223番組 1 222 お試しかっ!(EX)/天才!志村どうぶつ園(NTV)/ミュージックドラゴン(NTV)
12 トシ(タカアンドトシ)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
223番組 1 222 お試しかっ!(EX)/天才!志村どうぶつ園(NTV)/ミュージックドラゴン(NTV)
14 山里亮太(南海キャンディーズ)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
220番組 200 20 伝えてピカッチ(NHK)/ナカイの窓(NTV)/ヒルナンデス!(NTV)
15 日村勇紀(バナナマン)
ホリプロコム
217番組 41 176 もてもてナインティナイン(TBS)/奇跡体験!アンビリバボー(CX)/ギャンブル・ザ・ワールド(TBS)
16 坂上忍
個人事務所(業務提携アヴァンセ)
216番組 216 0 坂上忍の成長マン!!(EX)/アウト×デラックス(CX)/バイキング(CX)
16 千原ジュニア(千原兄弟)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
216番組 195 21 着信御礼!ケータイ大喜利(NHK)/超絶 凄(すご)ワザ!(NHK)/にけつッ!!(NTV)
18 関根勤
浅井企画
215番組 215 0 ZIP!(NTV)/烈車戦隊トッキュウジャー(EX)/ミライ☆モンスター(CX)
18 大久保佳代子(オアシズ)
プロダクション人力舎
215番組 182 33 有吉反省会(NTV)/だんくぼ・彩(EX)/おーくぼんぼん(TBS)
20 近藤春菜(ハリセンボン)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
211番組 25 186 花子とアン(NHK)/ヒルナンデス!(NTV)/おはスタ(TX)

男女別ランキングでは、大久保佳代子さんが初のトップに。昨年、ブームに火がつき、冠番組やレギュラー番組が大幅に増加した。昨年まで2年連続で年間女王に輝いたハリセンボンの近藤春菜さんは、2位に一歩後退。出演を続けていた朝の子供向け番組が4月より、ナレーションでの出演に変わったため、番組数を減らす形となった。また、関根勤さんと関根麻里さんは、父娘揃ってランクイン(総合部門18位と女性部門4位)。関根麻里さんが司会を務める朝の情報番組で親子共演を果たし、出演数をアシストする形になった。

(20位近藤春菜さんの単独出演数とグループ出演数が逆になっていたため修正しました。[2014.7.15.18:31]ご指摘いただきありがとうございます。)

▼ 2014上半期男性タレント部門ランキング
順位 タレント名 出演番組数
(グループ)
1 設楽統(バナナマン)
ホリプロコム
349番組
(176)
2 国分太一(TOKIO)
ジャニーズ事務所
332番組
(33)
3 有吉弘行
太田プロダクション
281番組
4 加藤浩次
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
273番組
5 春日俊彰(オードリー)
ケイダッシュステージ
242番組
(173)
6 若林正恭(オードリー)
ケイダッシュステージ
241番組
(173)
6 テリー伊藤
ロコモーション
241番組
8 ビビる大木
ワタナベエンターテインメント
229番組
9 羽鳥慎一
テイクオフ
227番組
10 後藤輝基(フットボールアワー)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
225番組
(91)
10 斉藤慎二(ジャングルポケット)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
225番組
(130)
▼ 2014上半期女性タレント部門ランキング
順位 タレント名 出演番組数
(グループ出演)
1 大久保佳代子(オアシズ)
プロダクション人力舎
215番組
(33)
2 近藤春菜(ハリセンボン)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
211番組
(186)
3 小島瑠璃子
ホリプロ
201番組
4 関根麻里
浅井企画
196番組
5 箕輪はるか(ハリセンボン)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
194番組
(186)
6 黒柳徹子
吉田名保美事務所
171番組
7 SHELLY
スターダストプロモーション
169番組
8 ベッキー
サンミュージックプロダクション
166番組
9 指原莉乃(HKT48)
太田プロダクション
162番組
(53)
10 西川史子
ホリプロ
157番組
【 “働き者”の局アナは誰?ニュース一筋のアナウンサーが上位に】

男性アナウンサーの最多登板は、NHKの高瀬耕造さん。正午のニュースをメインに担当しているほか、昼〜夕方まで定時ニュースも担当している。1番組あたりの放送時間が短いとはいえ、半年間で452番組という数字は群を抜いている。女性アナウンサーでは、日本テレビの森富美さんが2位以下を大きく引き離し、ダントツのトップ。定時ニュースのほか、情報番組の中のニュース枠をレギュラーで担当していることが要因に挙げられる。

▼ 2014上半期テレビ局男性アナウンサー部門ランキング
順位 タレント名 出演番組数
1 高瀬耕造(NHK) 452番組
2 井上二郎(NHK) 332番組
3 林克征(テレビ東京) 224番組
4 赤荻歩(TBS) 221番組
5 池田達郎(NHK) 218番組
6 榎並大二郎(フジテレビ) 212番組
7 倉田大誠(フジテレビ) 208番組
8 桝太一(日本テレビ) 189番組
9 平石直之(テレビ朝日) 186番組
10 野沢春日(テレビ東京) 167番組
▼ 2014上半期テレビ局女性アナウンサー部門ランキング
順位 タレント名 出演番組数
1 森富美(日本テレビ) 372番組
2 吉田明世(TBS) 267番組
3 山風[貴(フジテレビ) 251番組
4 加藤綾子(フジテレビ) 231番組
5 鷲見玲奈(テレビ東京) 229番組
6 小熊美香(日本テレビ) 224番組
7 枡田絵理奈(TBS) 211番組
8 三上真奈(フジテレビ) 208番組
9 水卜麻美(日本テレビ) 205番組
10 佐藤渚(TBS) 194番組
▼NHK男性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 高瀬耕造 452番組
2 井上二郎 332番組
3 池田達郎 218番組
▼NHK女性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 松村正代 180番組
2 橋本奈穂子 171番組
3 上條倫子 159番組
▼日本テレビ男性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 桝太一 189番組
2 鈴木崇司 161番組
3 森圭介 152番組
▼日本テレビ女性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 森富美 372番組
2 小熊美香 224番組
3 水卜麻美 205番組
▼テレビ朝日男性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 平石直之 186番組
2 大熊英司 133番組
3 坪井直樹 132番組
▼テレビ朝日女性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 竹内由恵 155番組
2 宇賀なつみ 152番組
3 大下容子 147番組
3 島本真衣 147番組
▼TBS男性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 赤荻歩 221番組
2 国山ハセン 155番組
3 山本匠晃 150番組
▼TBS女性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 吉田明世 267番組
2 枡田絵理奈 211番組
3 佐藤渚 194番組
▼テレビ東京男性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 林克征 224番組
2 野沢春日 167番組
3 矢内雄一郎 146番組
▼テレビ東京女性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 鷲見玲奈 229番組
2 森本智子 138番組
3 秋元玲奈 133番組
▼フジテレビ男性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 榎並大二郎 212番組
2 倉田大誠 208番組
3 渡辺和洋 143番組
▼フジテレビ女性アナウンサー
順位 タレント名 出演番組数
1 山風[貴 251番組
2 加藤綾子 231番組
3 三上真奈 208番組
【 ブレイクタレントは、今年上半期を代表するあの人!】

昨年と今年の上半期を比べ、出演番組の差が大きかった、いわゆるブレイクタレント。トップは、テレビで見かけない日はないほど大活躍の坂上忍さん。昨年比162番組増と大ジャンプを見せ、出演番組本数でも初のランクインとなった。注目は、マテンロウのアントニーさんとデニスの植野行雄さん。見た目は外国人なのに中身はコテコテの日本人、いわゆる「ハーフ芸人」として脚光を浴びている。共に別々のお笑いコンビを組んでいるが、一緒に出演する番組が急増している(昨年2→今年20)。新しいジャンルの2人に予測不能な化学反応をテレビ局は期待しているようだ。

▼ 2014上半期ブレイクタレント
タレント名 2014年上半期
出演番組数
2013年上半期
出演番組数
増加番組数
坂上忍 216番組 54番組 162
中村アン 141番組 23番組 118
IVAN(アイヴァン) 84番組 0番組 84
みかん 66番組 6番組 60
アントニー(マテンロウ)
※植野行雄(デニス)との共演
59番組
※20番組
6番組
※2番組
53
※18
関口メンディー(EXILE) 72番組 29番組 43
ヒロミ 41番組 7番組 34


【 調査概要 】
  • ▼ 調査項目:タレント番組出演本数 (出演番組の放送回数分をカウント)
  • ▼ 調査期間:2014年1月1日〜2014年6月30日
  • ▼ 対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
  • ※グループ出演と個人出演の合算にて集計
  • ※アナウンサーは別枠で集計。フリーアナウンサーは対象外とする
  • ※通販番組出演者は対象外とする(ニュース番組内でのコーナーとしての通販出演者は含む)
  • ※再放送番組は対象外とする
  • ※ナレーション出演は対象外とする

≪ この件に関するお問合せ先 ≫

  • ニホンモニター株式会社 番組調査課・中澤/青山
  • 〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル2F
  • TEL: 03‐3578‐6800 (代)
  • FAX : 03‐3578‐6822
  • E-mail : mkt2@n-monitor.co.jp
  • URL : http://www.n-monitor.co.jp/

一覧ヘもどる

▲ページトップへ