スポンサーシップのメディア価値を評価します

スポーツスポンサーシップは、マーケティングのコミュニケーション手段のひとつとして近年ますます戦略的な活用が期待されています。

スポンサーシップ効果を最大化するためには、活動を評価し改善を反映させるPDCAサイクルで実施していくことが重要です。
ニホンモニターでは、スポンサーシップのメディア露出結果の収集から価値測定までワンストップで実施。 第三者機関としてスポンサーシップ活動を公正にレポーティングいたします。

スポンサーへの報告書・新たなスポンサー獲得のセールス資料として、又、スポンサーシップ検討の評価資料として、様々なシーンでご活用いただけます。

ご利用例

1

競技場のフェンス広告のメディア価値を知りたい

スポーツ中継・スポーツニュース内の競技場フェンス広告(LED含む)の露出を位置別に測定。露出量を広告料金に換算し、メディア価値をを数値で算出します。

2

アスリートにスポンサーをつけたいので、メディア価値を測定して欲しい

女子プロゴルファー等、アスリートがどれだけメディアに露出しているか測定します。アスリートの話題だけでなく、帽子やキャディーバッグなど位置を絞り込んだ測定も可能です。

3

命名権を募集している。現在メディアでどれくらい施設名が露出しているか把握したい。

TV、新聞、WEBニュース、SNSなど、施設名が登場しているメディアの露出量を測定します。命名権がつくことで、将来どれだけの露出が見込めるか推測します。

4

冠スポンサーにイベントのメディア価値報告したい

⇒スポーツ大会の冠スポンサーに対し、大会のメディアの露出を測定しレポートします。TV、新聞、WEBニュースに加え、SNSの投稿も計測可能です。

5

競技のメディア価値を報道量から説明したい

競技別のTV報道量を年間で集計した「テレビスポーツデータ年鑑」をご活用ください。複数年にわたる集計や、最新のレポートをご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

テレビスポーツデータ年鑑2018

掲載内容
《 第1章・テレビスポーツ中継データ 》
《 第2章・東京五輪追加競技 》
《 第3章・アスリート分析 》
《 第4章・スポーツとテレビCM 》
《 第5章・スポーツとテレビ報道 》
《 第6章・試合中継とスポンサーシップ 》