ホーム > 報道・その他番組調査

報道・その他番組調査

自社に関するニュースの露出度や、
「放送局が取材に来ていたがどのようにとりあげられたのか」
「新聞のようにTVニュースもクリッピングできれば・・・」

在京局で1日に流れるニュースの情報量は、実質およそ48時間、ヘッドラインの数は1,700から1,800にもおよびます。 ニホンモニターでは長年のノウハウを集結させたデータベースを駆使し、毎日溢れる莫大な量のニュースの中から貴社の必要な情報がどのくらい、 どんな風にニュースに取り上げられていたかを専門スタッフが敏速にレポートいたします。
また、放送された後、ブログサイト等CGM(Consumer Generated Media)においてどのように伝播したのかをレポートするWEBニュース反響レポートも 承ります。

報道・その他番組調査ラインナップ


▲ページトップへ