ホーム > 露出調査

露出調査概要

画面に映し出された露出量から「広告効果」を測定します。

テレビ中継やスポーツニュース、スポーツ新聞、ネットメディア等の中で、ブランドのロゴマークや商品が露出した回数や時間(秒数)などをカウントし、 実際にどのくらい露出していたのかを測定。露出量をスポット広告料金に換算し、スポンサーシップの投資対効果を数値化します。

*広告換算法について
マーケティング活動の結果ブランドがメディアに露出した結果を評価する際に多く使用される効果測定手法です。広告換算の算出結果が広告効果とは必ずしも 等価ではありませんが、広告費という生活者の目に触れる可能性の高さを重みづけして価値換算し、メディア効果を定点観測する指標として用います。

【主な露出分析の測定対象】

スポーツ中継・スポーツニュース内の競技場フェンス看板(LED含む)、選手ウェアゼッケン等の企業名・商品名、ゴールテープ・ドリンク類等、 中継中に流されるテロップ表示、アナウンサーのコメント、画面内の占有率、ロゴの鮮明度、ドラマなどの番組内でスタジオやセットに置かれた商品など。

【調査アプローチ】

■スポーツ中継/スポーツニュース/スポーツ新聞などでのブランド露出測定

■パブリシティ調査
試合やキャンプ、社会貢献イベントなどがどれくらいニュースで取り上げられたのかパブリシティ露出量を調査します。

■アスリートのメディア露出調査
特定のアスリートがスポーツニュースやバラエティ番組・CMなどメディアの注目度を調査します。

■ネーミングライツ調査
スタジアム名のテロップや解説者のコメント回数を調査し、命名権の露出効果を算出します。

■仮定露出調査
現在広告が掲出されていない場所が過去にどれ位露出があったかを調査します。新たなスポンサーシップ機会を評価します。

【測定対象メディア】

■テレビ(地上波/BS・CS放送)・・・試合中継/スポーツニュース
■新聞/雑誌(全国紙、地方紙や業界紙など約2400媒体)
■ラジオ(FM/AM計32局)
■オンラインニュース(国内ニュースサイト約2000サイト)
■ネット動画配信(Youtube・Gyao・Ustream・ニコニコ生放送等)

お客様が既にお持ちのメディアクリッピングデータのお持込可能です。
*海外のコンテンツもモニタリング可能です
*過去に遡って調査可能なメディアと、事前におさえる必要があるメディアがございます。

露出調査ラインナップ


▲ページトップへ